食品衛生責任者|保健所の手続き支援 代理 代行 行政書士 江東区

食品衛生責任者 行政書士はやし事務所 理美容 食品関係 食品衛生法 電安法 製安法 電波法

食品トップ > 食品衛生責任者

営業者の食品衛生責任者の設置義務

食品衛生責任者

食品衛生責任者の設置義務

食品営業施設の営業者は許可施設ごとに、食品衛生責任者を選任しなければなりません。

根拠法令

食品衛生法第50条第2項
食品衛生法施行条例 別表第一 第一 一
食品製造業等取締条例 別表第二 第二 一
など

食品衛生責任者の資格

食品衛生責任者は次の資格をもつ者がなることができます。

1.栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士もしくは食品衛生管理者の有資格者
2.特別区の区長が実施する食品衛生責任者になるための講習会又は知事が指定した講習会の受講修了者
3.他の道府県等の食品衛生関係の条例に基づく資格等
4.その他、知事が食品衛生等に関して同等以上の知識を有する資格として認めた資格を有する者

1の調理師などの資格を持たない場合は、2の講習会を受講するのが一般的な方法です。

食品衛生責任者養成講習会

食品衛生責任者養成講習会は、一日の講習で、食品衛生責任者の資格を取得できるものです。受講費用はおよそ¥10,000円です。

東京では、 一般社団法人東京都食品衛生協会 が、実施しています。

食品衛生責任者の責務

・食品衛生責任者は、営業者の指示に従い食品衛生上の管理運営に当たります。
・食品衛生責任者は、食品衛生上の危害の発生を防止するための措置が必要な場合は、営業者に対して改善を進言し、その促進を図らなければなりません。
・食品衛生責任者は、法令の改廃等に留意し、違反行為のないように努めなければなりません。
・食品衛生責任者は、都道府県知事、保健所を設置する市の市長若しくは特別区の区長が行う講習会又は都道府県知事等が適正と認めた講習会を定期的に受講し、常に食品衛生に関する新しい知見の習得に努めなければなりません。
(食品衛生法施行条例 別表第一 第一 一より関係箇所を抜粋)

食品関連の営業許可申請のお手伝いします

保健所手続きの代理・代行・支援など

保健所との調整支援、申請届出書類の作成、添付書類の収集、提出代行など、行政書士がお手伝いさせて頂きます。

事務所概要

食品衛生

行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公庁に提出する許認可等の申請届出書類の作成並びに提出手続代理、権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

行政書士の守秘義務

行政書士は、法律により守秘義務が課せられており、ご依頼者の情報を漏らすということはありません。安心してご相談・ご依頼下さい。

行政書士関連リンク

日本行政書士会連合会
東京都行政書士会
一般財団法人行政書士試験研究センター

保健所一覧事務所概要

江東区・墨田区をはじめ、東西線沿線の中央区・千代田区・新宿区、日比谷線沿線の港区・渋谷区・目黒区・台東区を中心に、 喫茶店・飲食店 食品調理業 食品処理業 食品製造業 食品販売業の各種営業許認可届出書類の作成、添付書類の収集、並びに、提出の代行・代理・支援を承っております。 食品衛生法・食品衛生法施行細則・食品製造業等取締条例(東京都条例) 営業許可 保健所 申請 届出 行政書士 東京都江東区

事務所案内 東京都行政書士会 行政書士会連合会 東京都福祉保健局 厚生労働省 総務省